建築コンサルタントを使って家づくり?

家づくり成功の秘訣

建築サポートが現在取り組んでいる家づくりと

今までの設計施工の一括請け負いとの違いは?


価格面でいうとムダな経費は当然ですが、

あえて付け加えるなら、設計施工の普通の工務店がやっている

一括請負では予備費的な費用も見積もりに多く加えられているということです。



見積もりミスや想定外の出費、値引き要求されたときのための費用

追加が出たときの費用、無料メンテンナンス費用このように

建築会社が損しない費用が

たくさん含まれているということですね。



私たちの建築サポートシステムはそのような必要か必要でないか分からない

予備費や工務店のための安全費用等は一切必要としません。



なぜなら、万が一そのような場合が出たときは、出すべき人が出すからです。


工務店のミスなら工務店、施主の都合で追加したり変更したら施主が出す。


当たり前のことを当たり前にやれば自然と価格は下がります。





また、価格が他社より安くなる理由は大きく5つあります。

1・分離発注、工務店、設計事務所、建築サポートがそれぞれの専門的な業務を

こなすので効率が良く想定外の予備費などを必要としない。

 アウトソーイングの考え方。

2・小さな会社の集まりで会社の運営費経費が少ない。

3・材料を安く買えるルートを持っている。

4・見積もりを出すのではなく、施主の予算に合わせるので安くなる。

5・自由設計で注文住宅ではあるけれど納まりや使う素材がほとんど決まっている。
変更は可能。


建築サポートがどのような会社かというのがなかなか難しいのですが、

簡単に言うと建築コンサルティングを行っている建築事務所です。


施主の課題や悩み、困りごとを解決するのがコンサルタントと思いますが、

そう考えると、まさに私は家づくりのコンサルタントなんです。


しかも実践的に具体的にやれる。

口だけではなく実際に工事もできて材料も仕入れることができる

実践型建築コンサルタントです。


このようなコンサルタントは他にはなかなかいないと思います(笑)


ただ、経営コンサルタントや、大きな公共プロジェクトの建築コンサルタントとは違
い

田舎の家づくりではコンサルタントというと馴染みがないので胡散臭く思われるので
は

と思い、建築サポートや支援、手伝いなどと言っていました。

東京などの都市圏では、建築コンサルタントや、マッチング、競争入札で

普通に家づくりされています。


しかし、田舎ではまだまだ馴染みがないコンサルタントですが

やっていることは、まさしく建築のプロで建築コンサルタントなんです。



建築コンサルタントならば工務店と違い施工範囲を狭く限定する必要は

ありません。


頻繁に現場に行く必要はありませんから。

現場は工務店の責任施工です。


建築コンサルタントを利用して家づくりをすれば、

建築費削減はもちろん

施主の要望や希望が叶う確率はかなり高くなります。



唯一私が引き受けないのは、原価割れするほど安い予算の人と

建築コンサルの価値が分からない人です。

そして、人間として信用できないような上から目線の話し方をする人

自己の権利主張ばかりする人です。

価値観が違う人です。

かなりありますね(笑)


コチラも命がけで神経すり減らしてする仕事です。

それだけ価値がある人が施主でないとやる気がでません。


そして、以前も全国に私のようなことができる人が

増えれば、今より良い家が安くできるのでいいと思っていました。


遠方のお客さんから私みたいなことをやっている人を

紹介してくれませんか?と頼まれることも

あります。


施主、工務店、設計事務所、建築サポート

この4者が幸せになれる家づくりをやります。


そこで今考えていることは・・・