ハウスメーカーやブランドにこだわる人には・・

家づくり成功の秘訣

建築サポートは家づくりのコンサルタントを本業とし

施工は別の工務店にお願いしていますが、

このような分離発注での家づくりをする場合はルール作りが大事です。


施工の責任は工務店、設計監理の責任は設計事務所、

材料による不具合は建築サポートが責任を負うなど、

責任の所在を明確にしておく必要があります。


ここを明確にしておかないと、何かあった時、誰も責任を

取らないということになってしまいます。


家づくりは人の手によってつくられるものですから、

車や電化製品と比べても、施工のちょっとしたミスや

設計ミスというのも時にはあります。


ネットで住宅の欠陥、不具合などと検索すると

そのような情報がたくさん見れると思います。


これは、ある程度しょうがない部分もありますが、

出来るだけ無いようにしなければなりませんし

万が一何かあった時には、責任を負うべき人がきちんと

対応しなければいけません。


家づくりで大事なのは、良い設計図を作りそれを元に

良い材料を使い、きちんと施工することです。


設計、施工、材料仕入れ分離での家づくりは、その責任の所在を

明確にすることで、成り立つ家づくりの仕組みです。


そして、設計、施工、材料仕入れのそれぞれが他の会社、他の人の

仕事の責任まで追わないことで自社の経費利益を少なくしても会社を

運営していけるのです。



建築サポートが行っている建築システムは新しい家づくりの仕組みですが

ムダな費用は省く、必要なところにはきちんと費用を掛ける。


そのような家づくりです。



これが理解できない、又は理解しても価値が無いと思う

施主さんは普通の建築会社やハウスメーカーの

一括請負をいいかも知れません。


建築サポートシステムはできるだけムダを省き出来るだけ良い家を

安く建てたい!という施主さん向けの建築システムです。


ですから、有名な建築会社のブランドや、大手ハウスメーカーが、

安心、全て建築会社の言うことは間違いないと思っている人には、

向かない家づくりの仕組みだと思います。


逆にムダ費用をなくして賢く家を建てたいと思っている施主さんにとっては

良い家づくりだと思いますよ。